鳥取 「三つ目の朝を迎えるころには病が消える」三朝温泉

三たび朝を迎えると元気になるという、歴史ある湯治温泉街。現在でも三朝には温泉療法を実施する医療機関が複数あり、温泉は泉質に応じて温泉プール療法、飲泉療法、鉱泥療法など様々な治療に用いられている

ラジウムおよびラジウムがアルファ崩壊したラドンが含まれており、世界でも有数の放射能泉です。旅館によっては高濃度のトロンを含む温泉もあります。それと、元々は温泉は浸かるものと飲むものとありまして、日本では現在湯に浸かるものになってますが、飲泉といいまして、温泉水を飲む泉質のところがあります。泉質によって飲む量だったり、期待される病だったり、身体のどこかだったりします。具体的には書けませんが、そういうの、書いたらダメなんですよね。例えば癌がーとか、キセキのーとか、秋田の岩盤浴とか伊豆の飲泉で芸能人がとか、噂はききますけどね。さて三朝はむろん飲泉できます。飲泉療法と公式にも書いてます。三朝病院だったか国立大学の何かを引き継いでたり、研究してたりしてると思います。旅館名でも正々堂々、「三朝薬師の湯 万翆楼」なんてありますし、たしか、こちらは飲泉できます。吸う温泉「ラドン熱気浴」リピーター続出で連泊向きの「現代湯治」プランが好評な三朝温泉健康づくりの湯治宿「ブランナールみささ」など、基本昔からの和風旅館の三朝温泉街です。JR倉吉駅より路線バスでも15分か20分です。旅館の送迎もありますから、電車が楽です。鳥取空港からだとクルマというかリムジンバスが走ってれば1時間です。お勧め旅館は、どちらも、好みと都合でお選びください。じゃらんで一覧をご紹介します。

三朝温泉の温泉・露天風呂 一覧 ネット予約 じゃらん

鳥取 祝中共建国100年!帰国無理なら中国皇帝庭園テーマパークお勧め

日本の鳥取県東伯郡に広大な中国庭園、中国の歴代皇帝が取り入れてた皇家園林方式というもので、設計から素材の調達・加工まで全て中国で行われた本格的な中国庭園が平成7年にできた

東郷湖畔に中国の歴代皇帝が好んだ皇家園林方式を再現した、中国の皇帝気分を体験できるテーマパークにいって、羽を休ませましょう! 毎日、張り詰めた緊張の日々でしょうから、せっかく本国でお祝いムードですから、少しぐらい休暇してもいいかもね。お咎め無しかもよ。鳥取県と中国河北省が友好だそうです。鳥取県は友好して、どんなメリットがあるんでしょうね? 県民にどんなメリットがあったのでしょうか? 日本にいる中国由来の方々はせっかくですからご活用ください。宿泊の温泉街もありますよ。

中国庭園燕趙園 ガイド じゃらん
中国庭園燕趙園周辺のホテルランキング ネット予約 じゃらん