秋田 玉川温泉 お試し湯治プラン

令和の今でも湯治で人気の秋田・玉川温泉。温浴・岩盤浴「奇跡の湯」とも言われ、全国から集まる。北投石という微量の放射線を放出する石があります。2週間の湯治で奇跡が起きるかも

観光で訪れる方もいますが、真剣に湯治で滞在される方の方が多いかもしれません。宿も食事付きのホテルのプランはありますが、スタンダードは昔ながらのトイレ・洗面所・テレビなし冷蔵庫付き4.5畳ぐらいのお部屋での長期滞在です。共同炊事場にはガス台や電子レンジがあったりします。各室の布団や掃除は自分でやります。サービスカウンターのようなものはあり、浴衣やタオルやそういった系は販売してたり貸してくれたりしてるようです。宿泊施設を使わず車中泊でがんばる方もいらっしゃいます。いきなり長期滞在という前に、お試しでいらっしゃる方が当然。ホテルや旅館もお手伝いしますよと。「2泊or3泊限定 手ぶらで天然の岩盤浴体験!岩盤グッズ3点セット付プラン」など打ち出しています。天然の岩盤浴を体験するにあたり、岩盤セットを持参したり購入することなく手軽に天然岩盤浴が体験できます!セットの内容は、地面(岩盤)の上に敷くゴザ、横になって全身にかける大判のバスタオル、そして現地まで用具を入れて持っていける袋の3点セットが付いております。服装はジャージやスウェット、履物はスニーカーなどマスク着用の上、ソーシャルディスタンスです。水分の補給は自分で準備します。

岩盤浴体験旅館部と自炊部あり 「湯治のふる里 玉川温泉」 ネット予約 じゃらん

観光温泉リゾート向き 新玉川温泉 ネット予約 じゃらん

乳頭温泉郷「鶴の湯温泉」宿泊できるが予約とれないで有名

秋田県の秘湯、乳頭温泉。乳頭温泉郷最古の宿「鶴の湯温泉」江戸時代に建てられた茅葺の本陣に泊まることができるが。

半年先まで無理。確か予約も電話だけだったかと。冬に行きたいけど、露天風呂とかいいんですけどなんと行っても豪雪地帯。奥の「黒湯温泉」とか例年閉じられます。でも乳頭温泉郷「湯めぐり号」乳頭の七湯(鶴の湯・妙乃湯・蟹場・大釜・孫六・黒湯・休暇村)めぐるバスがありまして、鶴の湯と蟹場を行き来してます。去年の例だと9時から16時まで運行してました。道路状況にもよりますが巡回してるんです。このバスさえ動けば、全湯は無理でも数箇所の湯を日帰り入浴というやつで可能です。世界的にも有名な露天風呂鶴の湯は外せませんね。宿泊は冬の乳頭温泉は無理でしょうから。範囲を広げて探しましょう。

乳頭温泉郷の温泉・露天風呂 予約は先まですごいですが、一応じゃらん

田沢湖・角舘・大曲から乳頭温泉郷に絞り込みページ


さらに範囲を広げて一休から、秋田(田沢湖・角館・十和田・男鹿)のおすすめホテル・旅館一覧
28件

20年秋旅は秋田県羽後町(雄勝郡)かな

この秋、急上昇、大注目の秋田県 羽後町(雄勝郡)周辺の旅

なんにもないわけじゃないでガースー。自然がありそこに住む人がいます。どんな景色を見て、どんな食べ物が美味しいか。先ずは太平山休憩展望所(みはらし荘)湯沢雄勝地域から大曲仙北地域まで広く展望できます。夜景もおすすめ。そして雄勝郡羽後町西馬音内で冬でも冷がけがスタンダードの蕎麦。ていうかみんな「冷やしかけそば」注文してます。観光地ではないのです。そこのところよろしくお願いします。隣町は秋田の湯沢市ですから、名前のとおり温泉があちらこちら温泉の宝庫。もうズバリ名湯巡りでしょう。そして醤油せいろで食べる稲庭うどん「佐藤養助 総本店」。そして平安美人の小野小町ということで日本酒地酒がいいな。

秋田観光

秋田県の観光情報をtwitterで拾いました。少ないですね。秋田観光、秋田旅行、秋田観光地とかで補いました。地域別観光グループの県別フォーラムだったかの中の秋田観光トピックでご覧ください。ここに秋田観光に関連する返信があれば理想なんですけどね。