最初は誰でも初心者スノボパーク

岐阜の高鷲スノーパーク。本格的なパイプがあったりハーフパイプやキッカー、レールの設備が良い!ジャンプやトリックなどあり。

スノーボーダー比率が高いです。スノボ初級から上級まで高鷲スノーパークはオフピステゾーンやロングコース、コブ斜面のコースなどなど、本格的なパイプがあったりハーフパイプやキッカー、レールの設備がよく、ジャンプやトリックなど楽しめるというかチャレンジ、練習できる。東海北陸道・高鷲ICより9km。宿泊なら「ホテルヴィラ・モンサン」か「ひるがの」方面でしょうね。狙い目は大日荘か水上荘の道の駅大日岳方面ですか。 予約状況と予算とかいろいろあるし、とりあえず宿泊探して予約入れられるじゃらんでも。

高鷲スノーパーク周辺のホテル じゃらん
周辺といっても、宿が少ないので広範囲の検索結果になってます。

山形庄内で荒れる日本海の寒ダラと地酒という旅

冬の庄内は狙いめ。米どころの日本酒。水温が下がり荒々しい日本海の寒だら・寒ふぐ・寒ずわい。そして名湯の数々。

日本海沿いだと蔵元、佐藤佐治右ェ門「やまと桜」の酒田ですね。鶴岡でもいいけど。温泉地はいくつもあって迷いますよ。予約入れやすいとこにしましょう。雪見風呂もいいんですけど、山間部が多くて、アクセスなんですよね。その点、酒田、鶴岡エリアですと電車で行きやすいんです。グルメ旅というとなんですが、なかなかの美食家が多いようです。女性だけのグループも、女子旅というんでしょうか? 多いような。温泉地は名湯がいくつもあるんですけど、鶴岡方面の約1300年の歴史を持つ湯田川温泉に気になってる旅館がありまして「湯どの庵」です。和モダンなデザイナーズ旅館なんですけど、いい感じです。やはり、こちらも女子旅に人気で、情報通というか感度なんでしょうか目ざといともいいますけど、予約取れないだろうな参りました。普通、鶴岡方面なら「あつみ温泉」なんですけどね。

酒田・鶴岡のホテル・宿泊施設一覧 じゃらん

遠野の不思議な物語を辿る一人旅

柳田國男「遠野物語」独り旅

まだ一人旅の魅力に目覚めてない方にお勧め。柳田國男「遠野物語」を読んでから岩手県遠野市に行ってみる。旅館の数件ありますよ。

昔話・伝承がのこる町として知られる岩手県遠野。座敷童、河童は有名で他にも天狗、鬼も聞きます。遠野に行ったら先ず遠野駅から徒歩8分ほど「とおの物語の館」で妖(あやかし)の世界に。同じところにある「遠野座」でリアル語り部を聞くこともできる。それと「柳田國男展示館」公開されている2階建ての旅館内は、柳田國男が『遠野物語』を書きあげるまで繰り返し訪れた軌跡や生涯、宿泊した部屋があります。また京極夏彦による現代語で読みやすく、妖(あやかし)の新解釈も付け加えた「遠野物語remix」も出版されてます。荻原浩の「逢魔が時に会いましょう」のように遠野を舞台に日本のもののけを追いかける民俗学者・布目准教授が登場し遠野で座敷わらしを探したりしてます。あと、遠野駅から約6Km離れますがカッパが有名で「カッパ渕」カッパの伝説が多く残っています。カッパに逢えるかもしれない有名スポットです。ということで、やっぱり、一人旅をお勧めします。

遠野のホテル・宿泊施設 4軒ありました じゃらん

懐かしい校舎に宿泊してアルマイト食器の給食をいただく旅

帰省できる故郷は今は無い。つかの間の童心に帰ってみませんか?

ここを故郷にしようかな。木製の学童机と椅子に着席して教室であの食器の給食(予約要)をいただくことができます。宿泊もできます。お風呂もたぶん入れます。たまには思い出もいいものです。楽しかったな、とか、これからだって、楽しかったと思える選択すればいいのかな、とか。

山梨県北杜市「三代校舎ふれあいの里“おいしい学校”」明治、大正、昭和の3校舎があります。昭和に建てられた校舎の中に、洋と和それぞれのレストラン、パン工房、農産物やワイン土産物等の販売所、宿泊施設、ハーブの湯があります。宿泊は校舎の上に和室と洋室があります。一応、浴衣、バスタオル、フェースタオル、歯ブラシ、お茶セットはあります。チェックイン 午後3時、チェックアウト 午前10時ですから、目当ての給食をお昼にするか、夜にするか、予約する曜日と営業時間と確認しましょう。夏は訪れる人も多いのですが、冬は少ないようです。

近くには「津金学校」という明治時代に建てられた洋風小学校を復元して博物館として、例えば木製の机でも二人がけのもの。天球儀やオルガン、昔の世界地図、人体模型、成績表など展示してます。なかに明治カフェというのがありますけど、明治時代の学校なのですねという発見です。

木造校舎を改装して作られた宿 三代校舎ふれあいの里おいしい学校 じゃらん

雪の山寺アドベンチャー・アクティビティ旅

雪の山寺は震える程、美しいと言われています。膝もガクガク震えますけど。

密らない雪の山寺。半端ない雪の階段。上りはまだ、手摺につかまり、なんとか行けますが、下りを考えると断念した方が賢明であることは確かです。下りは間違いなく前を向いて降りれません。ソリに座って一段ずつゆっくり降りたほうがいいぐらいです。もちろんソリは持参ですけど、というのは冗談で、自分1人ではないし、滑って止まらなくて、人を巻き込んだり、階段外れて転落あぽーんしますから、危険過ぎ、絶対ダメです。膝のプロテクター付けて、後ろ向きや、横向きで、手摺にしがみついて、一段一段降りるしかありません。もちろん、素手なんてとんでもないです。グリップ力があり、濡れに強い、最近の作業用ゴム手。ゴム手なのに軍手のように滑り止めがあるやつがお勧め。靴は言うまでもないです。脚力と、握力と慎重さが必要です。行けば誰でも真顔になります。身体の全神経、全感覚をフルに動員することになります。つうか、よく許可されてるなと思います。雪の山寺が禁止になる前に、体験しときましょう。

山寺のアドベンチャー・アクティビティを体験したあとは、ゆっくり身体を温泉で労りましょう。近くだと山形市か天童市か、そうですね温泉と今年藤井2冠で将棋ということで天童にしますか。

天童温泉の温泉・露天風呂一覧 じゃらん
将棋の街・天童市の外れにある田園温泉。温泉街も将棋に関係するものが多いです。なかには駒の形をした浴槽もあるそうです。見たことないですけど。

塩釜で浦霞、遊覧船で松島で牡蠣コース

牡蠣だけじゃない冬の松島。かに、まぐろ、あわび踊り焼き、仙台牛陶板焼き、牛タン、焼き立てせんべいなどなど

ゴクリと喉を鳴らしましたね。定番は置いといて、本塩釜駅から徒歩5分浦霞の蔵元に行きます。先ずはきき酒カウンターからオリジナルのお猪口を購入すれば浦霞の利き酒ができるんです。浦霞を満喫したら遊覧船で松島へ。一石二鳥。メインの牡蠣の前に松島蒲鉾本舗で自分で焼く笹かまぼこ食べて、豆腐揚げかまぼこ「むう」の揚げたてを食べる。「松島さかな市場」テイクアウトで「かきバーガー」を食べてみる。胃に自信の有る方は「松島かき小屋MATSU」で軍手とナイフで殻から取り出しながら食べるカキ40分食べ放題にチャレンジしてみる。ここは人それぞれ、宿で牡蠣を食べたい方は、我慢する。宿で牛タン、蟹派は牡蠣いっとく。という日本三景松島を横目で見ながらのグルメ旅どうですか?

松島・塩竈のホテル・宿泊施設一覧 じゃらん

定着系ベトナム人街に行く旅

国内のベトナムの人も中国由来、朝鮮半島由来に次ぐ人数みたいです。

話題のベトナム系の方々。知らない間に滞在人数が増えて、今や、チャイナ、コリアに次ぐ規模になってます。ベトナム系のお店も東京では良く目にします。やはり、新宿と池袋です。どちらも周辺に数千人生活してます。大阪も八尾あたりは多そうです。どちらかと言えばニューカマーでしょうね。最大のベトナム色があるのは、神奈川の大和市の「いちょう団地」あたりです。ここが一番有名なベトナム人街に出会える場所でしょう。この団地は覚えてる方もいらっしゃるでしょうが、難民受け入れ時の団地です。ですから、ベトナムの人だけじゃなく10ケ国ぐらいの方が住んでます。でも現状ベトナム人が多く住んでます。周囲を散策するだけで、すれ違う人、言葉、飲食店、食料品店などで、もうリトル・サイゴンといいたいところですが、どうもお店の入り口が、入りづらいような、お店なのか倉庫なのかって、そんな気がします。こういう感じなのねってところです。もう何十年も日本に住んでる人たちですから、これから、自分の周辺でもベトナムの人が増えてきて、こんな街並み、コミュニティになるんだなとイメージできます。怖いとか、危ないとかはないですよ。ベトナムにも日本人街はありますし、日本にもベトナム人街があるということです。アクセスは新宿からなら小田急電鉄江ノ島線の高座渋谷駅、徒歩20分ぐらい。横浜方面からなら相鉄線でいずみ野かいずみ中央ですが、ちょっと遠いです。遠方から行って見ようかなでしたら、藤沢や江ノ島や鎌倉あたりで観光兼ねた方がいいかも。

湘南・鎌倉のホテル・宿泊施設 一覧 じゃらん
宿泊施設の数は多いです