SNS匿名の情報開示の方針が

電話番号情報開示へと総務省の有識者会議「発信者情報開示の在り方に関する研究会」で。どうも、裁判の前段階で弁護士の照会手続きで名前や住所などの個人情報を特定できようになる見込みなの?訴訟段階じゃなくて?まさか弁護士が善人だけだとも思ってるのかな。被害者だーと言えば、あっちの弁護士がぞろぞろ出てきて電話で示談金をって、また天下り協議会でも作る気かっと書くと、やられるってことか?個人を特定しなきゃいいのかな?

コメントを残す