武漢の弁護士 中国人民法院で米政府提訴

米中の武漢肺炎訴訟合戦開始。梁旭光弁護士は米政府が昨年9月以降、新型コロナ感染症をインフルエンザと偽り世界に感染を広げたと主張。米国では中国の責任を追及し、健康被害や経済的損失に対して巨額の賠償を求める訴訟相次ぐ。

コメントを残す