神奈川県川崎市への観光旅行者は注意しましょう

川崎市議会は公共の場での憎悪表現に対して刑事罰にもっていく差別禁止条例案を可決。どうやら川崎市が代表は市長名になるだろうが特定者を名指しし警察か検察かどちらかを動かすことができ裁判にかける条例らしい。つか、これ案を可決って条例を可決じゃないの。そもそも市議会が刑事罰決めれるの?日本の憲法や刑法と矛盾しませんかね。いつから国内で自治体によって刑事罰が異なることが許可されたんですかね?とにかく川崎市に行くときや通る時は朝鮮系以外の日本人や外国人は冤罪に注意しましょう。

コメントを残す