シガーサロンのある鬼怒川金谷ホテル

日光金谷ホテルの渓谷の別荘といわれる「鬼怒川金谷ホテル」全室鬼怒川に面し、せせらぎや季節の移ろいを。

こちらの鬼怒川のほうはフランスの彫刻家ガブリエル・ロワールによるスカルプチャードグラスに引き込まれます。エントランスを入ってすぐの天井画は日光東照宮の「天女舞楽の図」をモチーフにした来館者を歓迎する“天女の舞”ということです。ベースにジョン金谷鮮治さんの西洋と東洋、伝統とモダンの融合みたいな方向性と、お客様との最適な距離感みたいなクラシックホテルの接客スピリッツを感じます。これが、エレガンスってやつなのかなというところです。ちなみにジョンはクリスチャン名でハーフじゃなく純粋な日本人です。「日光金谷ホテル」の創業者、金谷善一郎の孫にあたります。そしてジョンならではのシガーサロン、This fleeting moment――.「煙のように過ぎ行くひととき」。ぜひ、このまま、ポピュリズムに流されず、サロンを続けていけますよう応援します。ご利用ください。

鬼怒川金谷ホテル ネット予約 一休

楽天市場
総合旅行予約サイトの楽天トラベル

コメントを残す