熊野本宮大社と八咫烏ルーツを探る旅

熊野本宮大社と3本の足が天・地・人だとの八咫烏(やたがらす)太陽神の遣いとして信仰と京都木嶋坐天照御魂神社の三柱鳥居と対馬和多都美神社の三柱鳥居と秦氏族と秦とくれば「三足烏(さんそくう)」太陽に棲むとされる伝説のカラス。エジプト神話、ギリシャ神話にも3本足のカラスは太陽絡みで出てくる

日本サッカー三本足カラスのモヤモヤ謎解き旅。そのためには日常生活を離れ、思考する時間が必要なのです。という理由付。八咫烏って何?どういう意味?いつから?地域は?いくつもの説があるぞ?なにか線で繋がらないかな?これは、どうか?誰が?誰で探ってみましょうか?ということで、日本でも血縁による強固な集団を氏族といいました。三本足カラスが太陽と繋がってるようですね。このカラスと秦氏とが関係がありそうで、三柱鳥居の京都と対馬と秦氏族の宋氏です。三柱鳥居は水を囲ってるようにも思える。対馬は海水の潮溜まりですし、京都は湧き水かなにかの跡でしょうね、東京の向島の三井関係のは井戸だったかと。三井氏も秦氏と関係あるんでしょうね。そう言えば、京都に三井関係のホテル出来てましたね。んー先ずは熊野行って悩んでみますか?あちらこちらに八咫烏の扱い方といいますか、関わり方、信仰でもいいですけど、実感が全く無いので、現地で見てみたいですね。「世界遺産リゾート 熊野倶楽部」というところが洒落てます。せっかくですから京都の250 年以上にわたって存在した三井総領家の邸宅跡地に建つ「HOTEL THE MITSUI KYOTO」と熊野行って京都行って、時間があれば対馬どうですか?東京はやめときますか。

世界遺産リゾート 熊野倶楽部 ネット予約 一休

HOTEL THE MITSUI KYOTO ネット予約 一休

楽天市場
総合旅行予約サイトの楽天トラベル

コメントを残す