1本釣”大間マグロ”を握りと刺身付き【大間鮪膳プラン】漁火の宿『三浦屋』

大間のクロマグロを生でいただくなら9月と10月がお勧め。宿は漁師民宿以外だと全室オーシャンビューの下風呂観光ホテル三浦屋さんかなー

マグロを食べに行く町。大間マグロは水温が低くなる秋から冬にかけてが、マグロ漁の旬です。さて9月になると大間にクロマグロが回ってきます。大間マグロのモニュメントがある本州最北端で漁師さんがやってる民宿が有名です。こちらの食堂ではマグロ丼とマグロだけ丼を選べて、それを食べにくる方も多いです。が、民宿が苦手な方もいらっしゃいます。なるべくディスタンスなら。ホテルというか旅館というか、宿の施設自体はおいといて、旅行宿泊プランを出してるところを、はまなすベイライン大湊線JR下北駅から車で約32km、50分、バスで70分。津軽海峡を望む海辺の宿。旬の魚介料理と天然温泉。下風呂観光ホテル 三浦屋さんを、ご紹介します。

下風呂観光ホテル三浦屋 ネット予約 じゃらん

楽天市場
総合旅行予約サイトの楽天トラベル

コメントを残す