六甲奥座敷 武田尾温泉「紅葉舘別庭あざれ」

関西の奥座敷で良かったかな?六甲の武庫川沿いの小さな温泉街でした。JR福知山線の廃線跡とトンネルに引き寄せられる妙な謎解き小説のような場所です。かつて温泉街も今、泊まれる旅館は1軒だけかと

関西の温泉といえば有馬、城崎が有名です。実は隠れた名湯温泉街がありました。今では秘湯感というか鉄道の廃線跡とともに、夏は廃線とトンネルに対する鮮やかな緑のコントラストが、訪れる人を立ち止まらせます。宝塚駅から近いんですけどね。さて武田尾温泉に唯一残る宿泊施設があるのですが、これが、なんとも超穴場になってます。夏休みも予約とれます。「紅葉舘別庭あざれ」という名称でおわかりのように、夏はオフシーズンみたいなものなんでしょうね。さて「あざれ」全12室離れで武庫川の渓流を望む半露天風呂付き、源泉かけ流しでラドン含有の泉質です。お部屋のタイプも4つあり、広さとつくり、もちろん景色も、別荘のような居心地でありながら、手入れされた清潔感と、お料理は、あの神田川さんプロデュースです。鉄道アクセス便利です。駅から歩けます。関東の方で有馬、城崎の予約厳しい場合は、一度ガイドご覧ください。寂しがりやさんだと、ひとりはつらいかも。ていうか、1人じゃ部屋が広すぎるし、素敵すぎて、誰か連れて来たくなりますから。では、一休さんでご案内します。

武田尾温泉「紅葉舘別庭あざれ」 ネット予約 一休

楽天市場
総合旅行予約サイトの楽天トラベル

コメントを残す