船原温泉 ものわすれの湯 船原館 たち湯と天城流現代湯治「ワッツ」

修善寺、天城ぶらぶら好きがお気に入りの宿。昔は応接室とかにメインで置いてた懐かしLPレコードの木の大きなステレオとかあります。蓄音機もある昭和の宿。

この宿、昭和時代です。この方が寛げる方は多いと思います。料金もお安いです。場所は修善寺から天城湯ケ島にいく途中です。冬は天城一体の狩猟の基地だったかと。みなさん、通り過ぎてしまいます。その方がいいって、思ってる人が多いだろうな。船原館、面白いのは深さ1m以上あるお風呂があって、「たち湯」なんですけど、アメリカ発のWater Shiatsu、通称「ワッツ(WATSU)」というものをやってます。自己指圧・ストレッチなどセルフケアを温泉につかってやるそうです。ものわすれの湯のオリジナルの現代版温泉療法、湯治みたいなものです。ワッツとは少し違うものがあり、インストラクターが付いて身をまかせるだけで、水中瞑想みたいな生まれる前の母体の胎内のような感覚らしいです。むしろ、こちらの方が人気が。いいものはいいということで。意外と、これ目当てのお客様もいらっしゃいます。そんな、知れてたかな?ちなみに館内は冷暖房完備じゃなかったかと、お部屋は大丈夫ですけど廊下とかそのままだと、今はわかりませんが、むしろ、換気が十分できていいかと思います。蓄音機は、現役で動いてるかな? もし、ゼンマイ動かしてもらえたら、生で蓄音機の音を聞けるかも! むりだろうなー。あ、忘れてました、こちら囲炉裏があって狩猟料理が評判です。では、じゃらんで紹介します。

ものわすれの湯 船原館  じゃらん

楽天市場
総合旅行予約サイトの楽天トラベル

コメントを残す