ウユニ塩湖のような瞬間が香川の父母ヶ浜の夕日

香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3 父母ヶ浜海水浴場。凪いだ水面が鏡のように風景を映し出す様子は、「日本のウユニ塩湖」とも謳われています。

遠浅で波の穏やかなロングビーチで夏は家族連れに人気の海水浴場です。が、写真が先導してて、なにここ? 日本かよ、みたいな。夕日と人のシルエットと鏡の水面。この水面が海ってのがスゴイんです。波がないんです。そう、潮が引いて残った海水の水たまりでした。それに比べて埼玉所沢の人工的なサクラタウンのウユニ塩湖とか出現してしまいました。あえて「ウユニ塩湖」を名乗る度胸に感服。大自然による「瀬戸内海の天空の鏡」の方をお勧めします。干潮と日没と波立っていない潮だまり。この3点が揃えば例の写真撮れますけど、モデルとなる人が必要な方は自前でお願いします。一応、一人で訪れる方は、見たことないかなーて感じです。年齢関係なくカップルが多いです。あとは、グループ写真狙いの方々。修学旅行代わりにこちらでもいいんじゃない? タイミング合わなくても、皆で同じ時間に同じ景色をイメージしてチャンスを期待した記憶は残るかも。年取ると、そんな純粋な気持ちはなくなってしまいます。

父母ヶ浜 じゃらん
宿泊するなら15kmほどの琴平温泉ですね
こんぴら温泉郷 じゃらん

コメントを残す