能登半島 ばちこ「干しくちこ」お取り寄せ

厳冬の1月~3月に繁殖期を迎える七尾湾のナマコを使った日本三大珍味のラスボス

ナマコの卵巣(くちこ)を干したものですが、1枚のくちこに対して数十キロのなまこを要し「このわた」よりもさらに少量しか採れない稀少な珍味です。もちろん、お値段もしますよ。塩辛にした生くちこもありますが、バチの様な形の七尾湾の浜風で干した「干くちこ」「ばちこ」が能登特産の最高級珍味。ちなみにナマコのはらわた(内臓)の塩辛を「このわた」といって三大珍味というところもあります。愛知の「このわた」越前の「ウニ」長崎の「からすみ」が一般的かもしれませんが、珍味ということでは「くちこ」に軍配かと思います。

【送料無料】能登半島 くちこ(干くちこ)【特選 能登特産 店長イチオシ♪】

価格:7,500円
(2021/3/7 12:12時点)
感想(6件)


能登半島 くちこ(干しくちこ)

コメントを残す