雪の山寺アドベンチャー・アクティビティ旅

雪の山寺は震える程、美しいと言われています。膝もガクガク震えますけど。

密らない雪の山寺。半端ない雪の階段。上りはまだ、手摺につかまり、なんとか行けますが、下りを考えると断念した方が賢明であることは確かです。下りは間違いなく前を向いて降りれません。ソリに座って一段ずつゆっくり降りたほうがいいぐらいです。もちろんソリは持参ですけど、というのは冗談で、自分1人ではないし、滑って止まらなくて、人を巻き込んだり、階段外れて転落あぽーんしますから、危険過ぎ、絶対ダメです。膝のプロテクター付けて、後ろ向きや、横向きで、手摺にしがみついて、一段一段降りるしかありません。もちろん、素手なんてとんでもないです。グリップ力があり、濡れに強い、最近の作業用ゴム手。ゴム手なのに軍手のように滑り止めがあるやつがお勧め。靴は言うまでもないです。脚力と、握力と慎重さが必要です。行けば誰でも真顔になります。身体の全神経、全感覚をフルに動員することになります。つうか、よく許可されてるなと思います。雪の山寺が禁止になる前に、体験しときましょう。

山寺のアドベンチャー・アクティビティを体験したあとは、ゆっくり身体を温泉で労りましょう。近くだと山形市か天童市か、そうですね温泉と今年藤井2冠で将棋ということで天童にしますか。

天童温泉の温泉・露天風呂一覧 じゃらん
将棋の街・天童市の外れにある田園温泉。温泉街も将棋に関係するものが多いです。なかには駒の形をした浴槽もあるそうです。見たことないですけど。

コメントを残す