横浜石川町駅周辺を体感する旅

中華街、元町、山下、寿町と横浜の港、歴史を体感し、できれば官製の「横浜ふるさと村」と比べてみる旅

明治の外国人居留地から約150年益々栄えるチャイナタウン。香港を感じる山下町のバー。戦後復興を支えた労働者の簡易宿泊街寿町。石川町駅を中心に東西南北でガラリと雰囲気を変える地域です。チャイナタウンの大通りは超有名店が並び観光客も多いです。ここまで日本にとけ込んで親しまれるテーマタウンも珍しく、裏通りを覗いて見たくなりますね。筋トレ男性でも結構勇気いりますよ。裏通りの雑居ビルとか、引っ返そうかと思います。でも、めちゃ安いし美味しいんです。ディープさで言えば寿町というイメージでしょうけど、西成とか山谷と並ぶドヤ街です。ドヤとは差別用語じゃなくヤドと業界用語みたいなものです。さぞかしとお思いでしょうが、高齢化が進んで、例えればパトカーより救急車が多くなってる感じです。若手が減って、外国人が増えてますから、一泊2,000円の宿泊より集団で一軒家みたいになってるんでしょうか。夜も深ければ山下町のバーで英語を喋るチャイニーズのバーテンさんにドライマティーニでも頼むかな。RCEPで移動が増えて全国各地でテーマタウン化になるでしょうけど、横浜では里山を残す取り組みもあって「横浜ふるさと村」というのがあります。現在2ケ所。寺家ふるさと村(青葉区寺家町)、舞岡ふるさと村(戸塚区舞岡町)です。場所がはなれるので、一日では回りきれません。石川町からなら舞岡の方が電車では行きやすいですね。寺家はJRなら長津田、田園都市線なら青葉台、いずれも駅からさらにバスです。行きにくいけど寺家の方が有名です。宿泊はできれば「ホテルニューグランド」でしょうけど、予約難しいでしょうね。「スパゲッティナポリタン」「ドリア」「プリンアラモード」発祥のようだし1927年創業時から残る本館は近代化産業遺産ですから。

石川町駅のホテル・宿泊施設一覧 じゃらん

コメントを残す