黄金崎不老ふ死温泉で『日本の夕陽百選』を露天風呂からの旅

温泉効能:リューマチ・神経痛、皮膚病、腰痛、創痛 温泉泉質:ナトリウム、カルシウム、マグネシウム雄大な日本海を一望できる波打ち際の露天風呂。網元である当館自慢の海の幸を楽しめる。

有名な海岸と一体化した赤褐色の温泉露天風呂です。海まで1mしかない瓢箪型の露天風呂からの絶景は夕暮れ時の日本海と空と一体になります。照明はありません。黄金色に染まるから黄金崎といいます。入浴時間は日の出~日没まで。夏は虫がいますから冬がいいんです。混浴と女性専用の2つ。それでもの方は湯あみ着(有料)の着用が可能です。もちろん館内にはパノラマ大浴場もあります。不老ふ死温泉の泉質は「含鉄-ナトリウム-塩化物強塩泉(高張性中性高温泉)」鉄を多く含んでいるため湧き出た瞬間は透明ですが空気と触れることで酸化し赤褐色になるのが特徴。熱の湯、傷の湯、美肌の湯です。食事は飾らない漁師町ならではのお料理です。実はマグロの町として知られる深浦町。大間のマグロと同種の本マグロですよ。冬は夜通し行われるヤリイカ漁。客室や露天風呂からも、漁火を眺めることができます。これたまらないです。

黄金崎不老ふ死温泉 一休で旅行計画する
Go To Travel対象
ローカル線の五能線に乗って不老不死温泉に旅するのもいいですよ。

コメントを残す