一度行きたい銀山温泉の雪化粧

雪とガス灯と川の両岸に建ち並ぶ木造旅館。銀山温泉の雪化粧

山形県尾花沢市の山峡に佇む東北屈指の人気温泉地銀山温泉のシンボル的存在である「能登屋旅館(国の有形文化財)」など13軒ぐらいの木造建築旅館街。冬の夜は真っ白な雪で彩られた温泉街にガス灯のやわらかな灯りが輝くタイムスリップしたような光景。夜といっても山間部ですから18時ころはもう真っ暗です。撮影も夜というより夕方のほうがいいです。有名な温泉ですが豪雪地帯には違いなく積雪量もメートルです。ピークは1~2月で、3月中旬頃まで雪が積もっています。アクセスは雪のため地元の交通機関を使いましょう。JR大石田駅から路線バスを利用し40分ほど。路線バスの運行は一日5本かと。少ないです。山形空港からもバスで1時間15分ほど。

オンライン予約

コメントを残す