混雑状況スマホ表示し密を回避できる旅

観光型MaaS“Izuko”

東急、JR東日本、伊豆急が静岡県伊豆で実施中の「観光型MaaS“Izuko”」の、実証実験第3フェーズは混雑が見込まれる駅や観光施設の混雑状況をスマホで表示し、密を回避しながら周遊できるようにする、コロナ禍のニーズに配慮した新機能も搭載。エリアはこれまでの東伊豆・中伊豆に加え、西伊豆・静岡市・富士山静岡空港まで拡大されます。商品数は交通関連が従来の6種から10種に、施設・体験関連が21種から約110種に増加。機能改善では、チケットの事前購入機能の導入や、登録・決済方法に楽天ペイ(オンライン決済)、モバイルSuica追加などが行われます。新幹線利用者を対象に、インターネット予約サービスの「エクスプレス予約」「スマートEX」との相互リンクによる連携も実施されます。

コメントを残す