乗らずに歩こう鞍馬寺境内鉄道

乗るなと言われると乗りたくなるものです

「近うて遠きもの 鞍馬のつづらをりといふ道」を乗車時間2分ほどで登る日本一短い鉄道。鉄道事業法の許可を受けたケーブルカー「鞍馬山鋼索鉄道」通常のケーブルカーは2両の車両が重量のバランスをとりながら運転しますが、この路線保有車両が1台のみ。対となるもう1両の役割をカウンターウェイト(おもり)が果たします。この方式はケーブルカーとしては日本唯一です。手入れされてない歴史ある九十九折(つづら折り)の坂道は直線距離を100m進むのに500mは歩かなければいけないほど高低差は89m平均傾斜20度程度。いけますよね。やってみましょう。宿泊は京都ですからいくらでも。ついでに鞍馬寺から貴船神社までのハイキングコースもどう。ちなみに鞍馬寺へのアクセスは叡山電鉄鞍馬駅から徒歩で30分

コメントを残す